ベランダガーデニングの問題点

都市部に住む私でも、ガーデニングを気軽に楽しめる場所、それがベランダです。
生活空間に隣接し、ごく身近にガーデニングを楽しめる場所です。いつでも植物を見ることができて、
生育具合をチェックすることができます。
東京、大阪、福岡と、都市部に住むことが多かった私にとっては、ベランダを活かしたガーデニングが、
生活を少しだけ豊かにしてくれる有効な方法なのです。
ここでは、ベランダガーデニングを適切に楽しむためのいつくかの注意点を挙げたいと思います。

同じベランダ敷地内でも環境は異なる

同じベランダの中でも、建物の向き、建物の高さ、季節、時間帯、周辺の環境等によって、環境が左右されます。
さらに同じベランダ内でも、細かな点で環境は少しづつ異なります。

ベランダガーデニングの問題点と解決方

  • 課題1 夏の日差し
    ベランダガーデニングをする上で、一番問題になるのは夏の日差しです。
    遮る木々がないため、日光が直接当たり、コンクリートの床や壁は熱を吸収して熱くなります。
    照り返しもきつく、箱型のため、日中は熱がこもり、さらに高温となります。また、エアコンの室外機が
    高温化にさらに拍車をかけます。
  • 課題2 風の被害
    特に高層マンションの上階では、終日風が強い環境になります。
    低気圧や台風が到来する季節では、遮るものがないため、思わぬ大きな被害を受けることがあります。
    鉢やプランターが吹き飛ばされて落下した際には、大きな人災に繋がることがあります。
  • 課題3 乾燥
    風が常にある環境では、鉢やプランターはとても乾燥しやすい状態にあります。
    小まめな水やりが必須です。


  • Comments

    comments

Challenge of Green