草花の栄養バランス

植物が育つための3大栄養素

植物の成長には、光と水、温度だけではなく多様な栄養素が必要です。自然の中では、栄養はおのずと吸収できますが、
人口の環境では肥料で補給をしなければいけません。植え付け時に元肥(もとごえ)として土に混ぜたあと、追肥として成長の
家庭で追加しましょう。

栄養価の中でもっとも必要なのが窒素(N)、リン酸(P)、カリ(K)の”肥料の3大要素”と呼ばれるものです。
役割は異なりますが、どれも単独ではなく、他の成分と影響しあってはじめて効果があがるものです。目的に応じて、バランスよく施すことが大切です。

窒素 茎や葉っぱの成長を助ける

葉肥(はごえ)と呼ばれ、養分の吸収を高めて茎や葉の成長を促進します。
不足すると葉が小さくなり葉色が薄くなります。過剰になると葉ばかりで花が咲かなくなったり、病気にかかりやすくなります。

カリ 根の成長を助ける

根肥料とも呼ばれ、主に根の発育を促します。また、暑さや寒さ、病害虫への抵抗力を高めます。
不足すると、病害虫や気温の変化によるダメージを受けやすくなる。

リン酸 花の成長を助ける

花肥(はなごえ)、実肥(みごえ)とも呼ばれ、植物が成熟して花芽をつけ開花したり結実するのを促します。
不足すると、花付きや花色が悪くなり、開花や結実の時期が遅れるなどの症状も出る。
greenimage


Comments

comments

Challenge of Green