なぜか植物を枯らしてしまう人とその傾向と原因

何故か植物を枯らしてしまう人がいます。その傾向と原因を知ることで、元気な植物を育てることが出来ます。

植物を育てるのに向いていない人の傾向は次のような人と言われます。

1)ずぼらで飽きっぽい人
2)神経質で几帳面すぎる人
3)植物をインテリア(モノ)として見てる人

枯らさせる理由は〜
◎ずぼらで飽きっぽい人はお水も日光も気にせず放置状態にするので植物を枯らさせる。
◎神経質で几帳面すぎる人は、逆に水も肥料をやりすぎたりして植物を枯らさせる。
◎植物をインテリアとして考えている人は無関心すぎて植物を枯らさせる。

【まとめ】
よく植物を枯らせてしまう方は、自分がそれらの傾向に当てはまらないかを考えて、適度に適当を意識して植物と接することからはじめましょう。それだけで植物が見違えるように元気になることも少なくありません。
要するに我々人間と同じく、植物も極端な環境の変化を嫌うのです。水のやり過ぎも、やらなさすぎもNG。日の当て過ぎも間違い。締め切った部屋の高い湿度や高い温度も嫌います。

【おまけ】
人には火の手と水(緑)の手の2タイプがあると言われます。
水の手を持つ人は植物をよく育て、意識しなくてみ長持ちさせられる人。
火の手を持つ人はちゃんと世話をしているにもかかわらずことごとく枯らしてしまう人。
火の手を持つ人とは凝り性な人なのです。

ptg00990306


Comments

comments

Challenge of Green