ガーデニングとオブジェ

ガーデニングが創り出す世界

花や植物を使って、一つの世界を作れるのがガーデニングの素晴らしいところ。
その中に、色々なアイテム(オブジェ)を追加することで、
その世界はよりテーマ性やストーリー性が増します。

ガーデニングのプロもオブジェを上手に組み合わせて
その世界観を表現しています。

緑の魔術師×美しすぎる銅版画家

ガーデニングの最高峰「英国チェルシーフラワーショー」で
エリザベス女王に“緑の魔術師”と呼ばれ愛された石原和幸さん。
独特の世界観と有り余るパワーを、自らが描く線に乗せて表現する
新進気鋭のアーティスト・“美しすぎる銅版画家”小松美羽さん。

この2人がコラボレーションした「江戸の庭」は、
2015年「英国チェルシーフラワーショー」で
史上初の4年連続ゴールドメダル受賞という快挙を成し遂げました。

komainu03

石原さんが表現する日本古来の美しい緑の世界の中に、
小松さんがこのために創り出した二対の「狛犬」が鎮座する。
どちらか一つが欠けても決して成り立たない、
完成された世界がそこに誕生し、多くの人の心を打ちました。

komainu01
komainu02

アイテムの選び方

gardening_item

  • ●主役がどちらかを決めておく。
    アイテムに合う植物を選ぶか
    草花に合うアイテムを選ぶか
    これは非常に大きな違いです。
  • ●くぼみが少ない
    水やりの際、オブジェのくぼみに水が溜まってしまうと、
    変色や汚れの原因になりがちです。
    できれば水が溜まりにくいなだらかなフォルムの物をお勧めします。
    もし、水が溜まってしまう時は、
    溜まった水を搔き出すなどすれば問題ありません。
  • ●安価なアイテムは季節毎に変えて◎
    ホームセンターやネットで多く見られる安価なアイテムは、
    季節毎やその時の旬の植物に合わせて変えることができます。
    気分や催しごとに雰囲気を変えてガーデニングを楽しみましょう。

関連記事

大英博物館に所蔵された小松美羽さんの世界観とは
http://gardening-art.club/?p=384

チェルシーフラワーショーで披露された狛犬が大英博物館にて展示
http://gardening-art.club/?p=374

石原和幸と小松美羽のコラボレーション
http://gardening-art.club/?p=245

「美しすぎる銅版画家」と「緑の魔術師」
http://gardening-art.club/?p=256


Comments

comments

Challenge of Green