新生活5つのポイントでおしゃれな部屋に

インテリア-400x250

おしゃれな部屋で新しい暮らし

春から始まる新生活、新たな希望に胸が膨らむ季節です。
「自分の部屋をおしゃれに演出して新生活を楽しみたい」
そう、思う方も多いのではないでしょうか?

部屋をおしゃれにすることで
部屋を片付けられない人でも、
おしゃれな状態を維持したいというポジティブな意識が芽生え
自然ときれいな部屋を維持できるなどのメリットも有ります。

おしゃれな部屋にしたいと思いはじめると
あれもしたいこれもしたいと、どんどんアイデアが沸いてきますが
初心者は5つのポイントをベースにはじめてみましょう。

【ポイント1】
ベースカラーは白がおすすめ

おしゃれな部屋にはベースカラーが必要です。
それも少ない色数であるのがポイント。
もし「この色が好き!」という好みの色がない場合
何色にしようか迷う人は、白がおススメです。
なぜなら、白であれば
モノトーン、ガーリーなど雰囲気に合わせて
オールマイティだからです。
白にも目に刺さるようなスーパーホワイトもあれば
アンバーなやさしいオフホワイトもあるもで
そこは好みで選んでみましょう。

【ポイント2】
おしゃれは「照明」でほぼキマる

おしゃれな部屋の演出にはまず照明です。
照明がキマれば、他が少々まずくてもお洒落に見えるから不思議です。
まずは、メインの照明をきめましょう。

【アーバンな雰囲気なら】

光を壁や天井に当てて、反射の光を利用するテクニックで
間接照明をメイン照明に。
※高熱を持つハロゲンなどの光源での発火には十分注意してください。

【リラックスできる雰囲気に】

長めのコードでシェードのあるライトを使った演出で
暖かな感じに。天井が薄暗くなり閉塞感が和らぎます。
電球のカタチにこだわると更に雰囲気が増します。

【光色は白より黄色系】

照明器具やインテリアにこだわっても、それを照らす光が
真っ白では、ただのオフィスのようになってしまします。
温かみのある光のほうが一般的に落ち着いた雰囲気にできます。

【ポイント3】
2色以内の「さし色」を活かす

ベース色だけでは、当然もの足りなさが出てきます。
そこで、ソファーやテーブルなどに、ポイント的に別の色を取り入れるのです。
この「さし色」は2色以内にしましょう。
基本色とは違う色のインテリアにすることでおしゃれ感が上がるのです。
でも、合わない色を選んだり、やたら色が増えてしまうと
いきなりお洒落でなくなります。
最初の「さし色」はアースカラーにすると失敗しにくくなります。

【ポイント4】
「観葉植物」は最高のインテリア

オブジェや飾り物もいいですが、存在感のある観葉植物を選ぶことで、
よりおしゃれな部屋を演出することができます。
観葉植物は優れたインテリアにもなりますが、生き物ですから
無機質な部屋に命のある優しさをみなぎらせてくれます。

【大きめな観葉植物を選ぶ】

元気でわくわくするようなリゾート感が増します。

【小さめな観葉植物を選ぶ】

さりげない優しさを演出できます。

自分のセンスで緑を加えて雰囲気を楽しんでみましょう。
ただし観葉植物は生き物ですから、しっかりお世話もしてあげて
長く付き合ってあげてくださいね。

【ポイント5】
面積が広い「ベッドカバー」は重要

寝ている時以外は使わないのに、ベッドカバーは面積が大きく、
空間の占める割合が広いために部屋作りに影響力があります。
そのうえ、ベットカバーは柄物が多く、奇抜なカラーもあるので
値段とサイズだけで選んでしまうと、おしゃれな部屋が台無しになることも。

【アーバンな雰囲気なら】

無地やモノトーンがおすすめです。「さし色」としてベットカバーに
色を選ぶ場合は、やはりアースカラーがおすすめです。

【リラックスできる雰囲気に】

オーソドックスなチェック柄や淡い柄を選びましょう。
優しいオレンジや黄色などの暖色系にしてみるのも良いでしょう。
迷う場合には、やはり白は外すことのない色です。

【ビビッドカラーでポイントにする】

ベッドカバー、枕カバー、シーツなど、各パーツに対して、あえて色を統一せずに、それぞれ異なる色をチョイスしてみましょう。
多色でもカラーをマッチングさせればとてもお洒落になります。
ただし、ビビッドカラーをポイントにするのは少し上級者のテクニックなので注意。

おしゃれな部屋とは

おしゃれな部屋にしたいと思っている多くの人は、
存在感のあるインテリアにこだわってしまうのかもしれませんが、
それより大切なのは、色の統一です。
色を統一するだけで全体がうまくまとまっておしゃれな空間を作れることができるのです。


Comments

comments

Challenge of Green